「問いを創る授業」事例発表会     事例発表者の募集

注目

TILA教育研究所では、下記の通り「問いを創る授業」の研究事例発表会の開催を予定しております。私たちは皆様に、是非、「問いを創る授業」をどんどん実践していただいて、その成果を発表することで、互いの実践をさらにブラッシュアップする機会にしていただきたいと考えております。

皆様のご応募を楽しみにしております。

TILA教育研究所 「問いを創る授業」事例発表会

 1 日時 令和元年8月4日(日)13時~17時

 2 場所 図書文化社 会議室 〒112-0012 東京都文京区大塚1-4-15
(アトラスタワー茗荷谷3F)丸ノ内線・茗荷谷駅近く(詳細は後日。)

 3 応募方法

 ※エントリーシートをダウンロードし、必要事項を記入の上、メールに添付し  TILA教育研究所までお送りください。

その際、メールのタイトルを 「問いを創る授業」実践事例発表会応募 としてください。 

メールアドレスは、info@tila.main.jp です。

 4 応募締め切り 令和元年7月20日(土) 

 5 事例原稿の内容と原稿締め切りについて

 発表していただく事例につきましては、様式1と様式2にまとめて期限までにメールに添付してご提出ください。

その際、メールのタイトルを 「問いを創る授業」発表事例 としてください。

メールアドレスは 、info@tila.main.jp  です。

〇ご提出していただく原稿について

  ①単元指導計画            様式1

  ②「問いを創る授業」学習指導案    様式2 

〇原稿締め切り 令和元年7月29日(月)

※様式1、様式2は、下の段からダウンロードしてください。

Web上シェアリング 4月25日実施ブリーフミーティング 研修会

注目

研修を受けての感想やご意見

○いつも参加するたびに元気になって帰ります

ブレインストーミングで、活発に意見が出て、笑も起こりいつの間にか事例対象児童に親近感を覚え何かしてあげたいと思って一生懸命考えてる自分がいました。自校の膠着した不登校生への対応も今一度考え直してみようと思いました。

□ 30分ブリーフミーティングを体験し、学校現場で起こる様々な場面を思い浮かべながら頭の中で(あの時、その時)こんな解決をしていれば…と過去の自分と向き合っていました。問題場面でベストな解決を導いたつもりでしたが、もっと解決方法があったのでは…と後悔です。今の職場にも紹介したいと思いました。ありがとうございました。

□まず、開始時刻に遅れてしまい、大変失礼しました。ホームページで、今回の研修を見つけて、兄が来るのを本当に楽しみにしていました。初めてのブリーフミーティングでしたが皆さんが私も含めて家族のような感じになりました。事例に出てきた児童がゴールテープ(今日のゴール)を切る日がとても楽しみです。もっともっと私自身も視野を広げ、たくさんの人と出会って子供たちのために頑張りたいと思いました。また参加させていただきたいと思っています。

□会ったことのないA君が、すごく具体的に姿が浮かんできて、ブレインストーミングで出てきたアイディアについても、それを実行したときのA君の様子がリアルに浮かんでくる放し飼いでした。家庭のことなどいろいろ原因探しになりがちな事でも、解決志向でどうなっていればいいかを考えることでこれだけの次の一手案が出てくるのだなと実感しました。ありがとうございました。

□昨年の夏季研には行かれず(いかれた先生方から「よかった!!」とお聞きしていたので) いつか「30分ブリーフミーティング」を体験してみたいと思って、今日夢が叶いました。ありがとうございました。この4月から立場が変わり、現場にいた視点を持ちながら、今の仕事でのことを考えながら受講させてもらいました。この数週間、環境の変化に戸惑いながらでしたが、今日、この時に学んだことを「空気感」を持っていろいろなところで出していきたいと熱く思いました。吉本先生、鹿嶋先生本当にありがとうございました。

□ブリーフミーティングの会には、何度も参加させていただいていますが、毎回、気づきをもらえるのがありがたいです。子供たちの中に自ら学ぼうとする力を身に付けるためにも、自己解決能力をどのように育てていくのかは大切なことだと思います。ブリーフミーティングは、そのヒントになる方法だと思います。“受け身“ではなく、“能動的“に関わることのできる点が魅力だと思います。どのような場面でも使えるところに広がりを感じます。

□久しぶりに、「教育って面白いなぁ」と思いました。最近は学校教育の固まったところばかり見ていた気がします。例として、意味もなく長い会議などがあると思いますが、30分ブリーフミーティングはまさしく新しい風だと思いました。たくさんの面白い発想があったので覚えて帰ろうと思います。

□新年度を迎え、学習環境が変わり、児童も新たな一面を見せるようになり、また違った課題が見えてきました。実践し、その結果が少しずつでも現れていくことで、学校が変わっていくと思うので、まずは今日学んだことを学校で行っていきたいと思います。また支援会以外でも、自分の仕事(学年会とか)などでも生かしていきたいと思います。今日はありがとうございました。

□今回ブリーフミーティングに参加したことで、自分には考えつかないような手立てを知ることができ、大変勉強になりました。今、自分が経験したり、考えた手立ては少ないかもしれませんが、色々な方の意見や考えを聞くことで、自分の経験値が高くなったような気がしました。本日はありがとうございました。

□いつも遅刻気味で残念です…。どの時代にも自分が直面している問題と共通するものがあるので大変参考になります。私の職場でも来月ブリーフミーティングの研修会をしてみようと思います。まずは体験してもらって、現場に解決思考を根付かせていきたいです。

□学生なので、今の現場の会議がどんなふうに行われているのかは分かりませんが、このブリーフミーティングの効率の良さに驚かされました。教育現場ではもちろん私たちの話し合いなどにも使えると思いながら聞かせていただきました。

□イメージできたことが実現する!生徒や先生方に是非伝えていきたいと思います。今日はカタリストの働きかけの重要さも学びました。ありがとうございます。

□今日も大変勉強になりました。ブリーフィングのやり方、構造の説明があり、納得しながら活動に取り組むことができました。自分では思いつかない考えもTILAで学び、参加者から学び、視野が広がるようです。

□今日のブリーフィングで改めてカタリストのちょっとした声のかけ方が大切であると感じました。また、様々な場面で活用できることでやってみたいと思いました。

□久しぶりに参加させていただきました。たった30分でやってみたいと思うアイディアがたくさん出て、ブリーフィングの面白さや凄さを改めて感じました。しかし、そのスムーズな進行には、カタリストの存在やゴールの具体的イメージ、リソース探しと、キーになることがたくさんあって、何回か繰り返すことで精度も高まっていくだろうと思いました。自分の学校でも実践していきたいと思います。有り難うございました。

□ブリーフミーティング研修会への参加は今回が3回目か4回目だと思います。参加するたびに新しい気づきが自分の中にあり、「また次回も参加しよう」と言う気持ちになります。ありがとうございました。次回も楽しみにしています。

近くは同じ学校や学年でなくても、30分間で手立てを考えることができました。この男児だけ

でなく、今後の自分自身の体だけが引き出しが増えたように思います。

□ブリーフミーティングの良さは、変化を起こすこと。なるほどと思いました。ゴールは、より具体的にすること。そのためには、情報を集めることが大事であり、色々と出し合いる雰囲気も大切であると思いました。短時間で参加者が同じことで共有でき、具体的な手立てに結びつくブリーフミーティングの良さを改めて知ることができました。

□初めて事例の報告をさせていただき、具体的方向性が見えてきました。今日の学びを持ち帰り、早速支援会につないでいきたいと思います。

今後どのような研修を受けてみたいですか?

■問いを作る事業で出したといが、その単元にどう生きていったのかが知りたいです。広がりすぎて、中途半端にしか回収しきれないことがあります。

■30分ブリーフィングについて、さらに深く学び自分の学校でカタリストを育てていくことができたらいいなと思います。

■わかる、わかったと思える授業、退屈でなく楽しく授業にするためには、どうすれば良いか、6月の研修会に参加したいと思います。

■「深い学び」どうやって仕掛けていくのか、これから学んでいきたいです。

■支援会ではなく、授業づくりの研修や学級経営について問いを創る授業にも参加したいです。

■今後とも積極的に会に参加させていただきたいと思います。

■すごく面白かったので、このような研修が続ければいいと思います。

■今回の問題を解決していくブリーフミーティングと問いを創る授業とどう関わっているのかぜひ聞いてみたいと思いました。

■問いを作る授業…本が楽しみです教育センターでの夏の「学級経営パワーアップ講座」でのお話も楽しみにしております。

■ブリーフミーティングも問いを創る授業ももっと受けて行きたいです。

■現場で実際に実践するには、具体例などももっと詳しく聞きたいと思いました。また問いを創る授業にも興味が沸いたので、ぜひ今後の研修にも参加し学びを深めていきたいと思います。

6月21日  問いを創る授業 研修会 申し込み

注目

問いを創る授業 研修会

日時 6月21日(金)18:30~20:00 
会場 こうち男女共同参画センター ソーレ 研修室
講師 石黒康夫・(鹿嶋真弓)・吉本恭子
参加費 1000円

5月30日ブリーフミーティング研修会 申し込み       

注目

ブリーフミーティング研修会 

日時 5月30日(木)18:30~20:00 
講師 鹿嶋真弓 ・ 吉本恭子
会場 こうち男女共同参画センター ソーレ 研修室  
参加費 1,000円

「問いを創る授業」の研究員を募集します!

注目

☆「問い創り授業」研究員 募集のお知らせ

 このたび、TILA研究所の鹿嶋真弓・石黒康夫の共編著で図書文化社より、『問いを創る授業』を出版いたしました。この本は、TILA教育研究所において、「子どもの言葉で問いを創る授業」として研修会を行ってきたものを書籍としてまとめたものです。研修に参加されて、授業実践をしていただいた先生方の実践事例も紹介させていただいております。

 TILA教育研究所では、この本の出版を機に、「問いを創る授業」を全国に発信し、普及していきたいと考えております。

 つきましては、「問いを創る授業」の研究員を全国から募集いたします。TILA教育研究所の設立趣旨や「問いを創る授業」の趣旨に賛同し、この授業方法をさらに研究、実践していきたいと思われる方は、TILA教育研究所の研究員として活動してみませんか。

 各地区で、研究員や研修希望者が集まれば、地区ごとに「問いを創る授業」の研究会を立ち上げ、活動していきたいと考えております。また、その研究会を中心にして、各地区で「問いを創る授業」の研修会も実施していこうと考えております。

◆研究員の応募資格・役割は以下の通りです。

※応募資格(下記の①②を満たす方)

①現に教育現場(校種を問わず)または、教育行政職にいる方、

あるいは、将来、教職に就くことを強く希望する大学生または大学院生

②TILA教育研究所の設立趣旨、「問いを創る授業」の趣旨を理解し、この授業方法を

さらに研究、実践しようと思われる方

※研究員の役割

①研究員は、「問いを創る授業」の研究と実践を行うとともに、自校(自地区)における、「問いを創る授業」の推進役となる。また、研究会の立ち上げ運営に協力する。

②研究員は、各地で行われる「問いを創る授業」の研修会の運営に協力する。

③研究員は、「問いを創る授業」の研修会でリーダー役を務める。

④研究員は、実践事例発表会の運営に協力する。

⑤研究員は、実践事例の発表に努める。

⑥研究員は、実践事例集の執筆候補者となる。

 以上の内容にご賛同いただき、研究員として応募することを希望される方は、下記の研究員応募フォームからお申し込みください。


TILA教育研究所 問いを創る授業 研究員応募フォーム


TILA教育研究所 http://tila.main.jp/

4月25日 ブリーフ・ミーティング研修会申し込み

定員に達しました。お申し込みありがとうございます。

4月25日(木)18:30~20:00 ブリーフミーティング 
       講師 鹿嶋真弓 ・ 吉本恭子 

【会場】 こうち男女共同参画センター ソーレ 研修室  

【参加費】 1,000円
「ブリーフミーティング」も「問いを創る授業」も全国へと広がっています。  発祥の地 高知でも熱い実戦を持ち寄って学び合いましょう!!

2019年度 TILA教育研究所 研修予定(4月〜6月分)

◎4月25日(木)18:30~20:00 30分 ブリーフミーティング
         講師 鹿嶋真弓 ・ 吉本恭子
◎5月30日(木)18:30~20:00 30分 ブリーフミーティング
         講師 鹿嶋真弓 ・ 吉本恭子
◎6月21日(金)18:30~20:00  問いを創る授業
         講師 石黒 康夫 ・(鹿嶋真弓) ・  吉本恭子


【会場】   こうち男女共同参画センター ソーレ 研修室  

【参加費】 1,000円
「ブリーフミーティング」も「問いを創る授業」も全国へと広がっています。  発祥の地 高知でも熱い実戦を持ち寄って学び合いましょう!!
そして月に一度鹿嶋先生や石黒先生に会えるチャンスでもあります。日頃の悩みを出し合って明日への活力する時間にしませんか?

 ※ 研修内容の詳細とお申し込みはTILAのホームページへ

Web上シェアリング 2月14日ブリーフ・ミーティング研修会

今回の研修について、ご意見や感想をお聞かせください。
○一例目の事例が進むうちに、自分の学校の児童と共通していることがたくさんあり、その児童のことを思い浮かべながら考えさせていただきました。アセスメントの大切さを感じました。昨年まで、SCの先生が見立てをしてくださって、話し合いの方向が見えてきていましたが、自分だけではどう進めて行けば良いのかわからず、勉強させていただきたいです。
○前回から不勉強なまま時間が経ってしましました、次年度から、校内の支援体制を大きく見直して行こうとする中で、このブリーフミーティングを支援の柱の一つにできればと考えていたので、今回、鹿嶋先生と吉本先生のカタリストを拝見でき、大変参考になりました。鹿嶋の先生も定期的に校地に来てくださるので、とてもうれしいです。これからもよろしくお願いします。
○「今日来て良かった」といつも思う研修会です。今日は○○さんが「事例の子どもが好きになる」と言われていたのに、「あっ本当にそうだ」とハッとしました。また、この場というのが、自分のこととして、考えられるので、参加されている先生方が、自分の仲間という思いが強くなっていくのをすごく感じます。目に見えていない部分で、つながりを感じる研修会です。今後ともよろしくお願いします。
○何回経験しても、毎回、目からうろこの発見があるのがとてもうれしく思います。特に、ブレーンストーミングに出される意見は、貝の中でも言われた通り、とても参考になります。たった30分のミーティングなのに、その子の姿が想像されるようになるのが、すごいなぁと思います。本当に問題を解決する鍵は、他者からの押しつけなどでなく、自分たちの心にあるのだと言うことを思います。それを引き出して行くことができれば、教師としての大きな仕事が果たせるかなと考えました。鹿嶋先生、ありがとうございました。
○思いがけず事例提供させていただきましてありがとうございました。気になりながらも、解決に向けての道を始めることができていませんでした。いろいろなことができるようになりたい!という子どもなので、彼が前向きになれる支援をしていきたいと思います。今回のミーティングを受けて、学校での支援会につなげていきたいと思います。
○校内支援会で、30分ブリーフ・ミーティングを行っています。担任は一人で悩まず、解決方法を皆で考えられるので助かっているとの声を聞きます。(私もそうです。) より゜円滑にミーティングが行えるように勉強したいと思います。今日はありがとうございました。
○ありがとうございました。毎回出席させて頂くたびに新しい発見があり、脳が活性化します。多くの解決方法を知るたびに、財産が増えて得した気分になります。一冊本を読んだ気分になります。今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。
○会の進め方について、質問を出してくれた方がいたので、自分もモヤッと思っていたことが、はっきりとしました。どうかなと、ちょっと疑問に思ったことがはっきりすると、その意味まで理解できるということを実感しました。ありがとございました。
○他の学校の事例を聞いて、事項の事例でも当てはまるなと思い、使ってみようかなと思いました。スクケーリング等、知らなかった言葉も知ることができて良かったです。
○事例を出させていただいて、良かったです。明日から実際に実行していきたいと思います。
O君に伝えて、良い方向に進んだらなぁ…と思いました。また、4月からも参加させていただきます。本日もありがとうございました。
○途中、背景や境遇や家での様子を聞きたくなったとき、原因探しではなく必要な情報もあるというお話を聞いてとても良かったです。鹿嶋先生、吉本先生の刻々のご示唆、宝の言葉たちが日々の様々なシーンにも通じ大変ありがたいです。ありがとうございました。
○自分が司会をすると、司会が質問しすぎとか言われたり、なかなか状況確認に時間を取り過ぎて30分では終わらず等があり困っていました。両確認や進め方の勉強になりました。
ありがとうござました。
○自分の学校で、同じような事例があったので、参考になりました。帰って伝えたいと思います。ありがとうござました。また、来て勉強します。
○今回も貴重な事例をもとに、いろんな解決策を考えたり、参加の方のたくさんの案をお聞きして、また引き出しを増やすことができて、とても有り難かったです。鹿嶋先生がまたいらっしゃると聞きほっとしました。これからもよろしくお願い致します。

今後どのような研修を受けてみたいですか
◇同じ事例の②回目以降のミーティングも体験してみたいです。
◇カタリストができるような研修。

Web上シェアリング        1月16日実施 「問いを創る授業」研修会

今回の研修について、ご意見や感想をお聞かせください。

○社会科はまだわかっていないことなどが多く、1つの答えを授業者が言い切れない難しさがあると感じました。だからこそ、子どもたちの様々な発想や考えが授業を動かしていく面白さがあると思いました。問い創りではない不思議のタネも面白いですね。

○不思議のタネに対して”こうしてはどうだろう”、”それはなんだろう”と先生方からいろんな意見が出ていて生徒からも”なんでだろう”,”どうしてだろう”と意見が出て欲しいと思いました。普段から疑問を持つように子どもたちにもしていきたいと思います。子どもがする発問も予想して”こう言ってきたらこようかなぁ”と、用意も必要なんだなと思いました。ありがとうございました。

○今日は久しぶりに授業のことを考える時間となり、とても面白かったです。”自分がやるなら”と想像したり、知らないことを知るワクワク感であっという間の時間が経ちました。この授業どうなるかなと思いました。※私なら参勤交代だけで不思議のタネを考えられるのかなと思いました。

○久しぶりに頭を悩ましました。時間に追われてついつい…。どのように授業構成するか考えました。

○前回TILAに参加させていただき、授業研を行いました。初めての不思議のタネの授業でしたが、授業前は子どもたちがどのような考えを持つか予想できず、私が本当にワクワクしました。今回もたくさんのことを教えていただき、また子どもたちと楽しい授業ができたらいいなと思います。ありがとうございました。

○様々な意見が聞けたので凄く良かったです。参勤交代になぜスポットを当てたのかということをもう一度考え明確にしておくともっと様々な角度から授業を考えられるのかなと感じました。今日はありがとうございました。

○ 1時間の授業を、こんなに真剣にいろいろ考えて準備を進めていることがすばらしい! うちの社会科の教員に、1月23日どんな授業をするのか、ぜひ見せてあげたいと思いますが…。色々と考えることができとても参考になりました。

○頭の中につらつらと疑問や考えが浮かびネットサーフィンのような状況で脳内がくるくる動きっぱなしだったと実感しました。知識の有無によらず、きっかけを持つことができた上で、この時間でどこに着地し、その後広がる思いをどう伸ばしていくのか、の難しさと面白さ奥深さをすごく感じました。この頭のくるくるが私の中で続いています。ありがとうございました。