TILA教育研究所からの提案

真田しんのすけ

【提案文】

安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、緊急事態宣言を発令する意向を固めました。学校現場では、新年度の準備を進めていたところでしたが、予測不能の状況の中、授業開始の見通しもままならないのが現状です。東京のある中学校では、先生たちが、週に1回時間差で登校してくる生徒に対し、家庭学習の課題を準備しています。ドリルや復習問題など、課題の多くは、先生から生徒へ与えられるものばかりです。

このようなときだからこそ、生徒の『問う力』のセンサー磨きをしてみませんか?

ここで紹介する『探究ワークシート』を活用すれば、今後の授業の導入や主体的対話的で深い学びの準備体操にもなります。先生は不思議のタネを蒔くだけです。不思議のタネについてはTILAのHPの『問いを創る授業』でも説明してありますので、ご参照ください。

『探究ワークシート』は下のリンクからダウンロードできます。どうぞご自由にお使いください。

コメントを残す