Web上シェアリング        1月16日実施 「問いを創る授業」研修会

今回の研修について、ご意見や感想をお聞かせください。

○社会科はまだわかっていないことなどが多く、1つの答えを授業者が言い切れない難しさがあると感じました。だからこそ、子どもたちの様々な発想や考えが授業を動かしていく面白さがあると思いました。問い創りではない不思議のタネも面白いですね。

○不思議のタネに対して”こうしてはどうだろう”、”それはなんだろう”と先生方からいろんな意見が出ていて生徒からも”なんでだろう”,”どうしてだろう”と意見が出て欲しいと思いました。普段から疑問を持つように子どもたちにもしていきたいと思います。子どもがする発問も予想して”こう言ってきたらこようかなぁ”と、用意も必要なんだなと思いました。ありがとうございました。

○今日は久しぶりに授業のことを考える時間となり、とても面白かったです。”自分がやるなら”と想像したり、知らないことを知るワクワク感であっという間の時間が経ちました。この授業どうなるかなと思いました。※私なら参勤交代だけで不思議のタネを考えられるのかなと思いました。

○久しぶりに頭を悩ましました。時間に追われてついつい…。どのように授業構成するか考えました。

○前回TILAに参加させていただき、授業研を行いました。初めての不思議のタネの授業でしたが、授業前は子どもたちがどのような考えを持つか予想できず、私が本当にワクワクしました。今回もたくさんのことを教えていただき、また子どもたちと楽しい授業ができたらいいなと思います。ありがとうございました。

○様々な意見が聞けたので凄く良かったです。参勤交代になぜスポットを当てたのかということをもう一度考え明確にしておくともっと様々な角度から授業を考えられるのかなと感じました。今日はありがとうございました。

○ 1時間の授業を、こんなに真剣にいろいろ考えて準備を進めていることがすばらしい! うちの社会科の教員に、1月23日どんな授業をするのか、ぜひ見せてあげたいと思いますが…。色々と考えることができとても参考になりました。

○頭の中につらつらと疑問や考えが浮かびネットサーフィンのような状況で脳内がくるくる動きっぱなしだったと実感しました。知識の有無によらず、きっかけを持つことができた上で、この時間でどこに着地し、その後広がる思いをどう伸ばしていくのか、の難しさと面白さ奥深さをすごく感じました。この頭のくるくるが私の中で続いています。ありがとうございました。

コメントを残す