12月6日 ブリーフ・ミーティング研修会 Web上シェアリング

・※「解決志向のホワイトボード会議」は、ブリーフミーティングと名称を変更しました。

〇とても参考になりました。学校の風土を変えるきっかけがわかった気がします。

〇発言をしたいと思って考えている間に、自分と同じ考えを発言されてしまい、引っ込んでしまいますが、皆さんの出てきた意見を聞くだけでも、研修に来て良かったなと思います。ありがとうございました。

・〇ゴールの設定が難しいと思いましたが、数値がいることや短期で考えることがポイントだと思いました。ふりかえりでも発言させてもらいましたが、ブリーフミーティングに参加していると自分の声掛けの仕方や指導の仕方も自然と変わっていけることを実感しました。何度も続けていくことで、自分の力(引き出し)を伸ばすことができると思います。

〇事例の報告の時は、この事例で解決のために何かアイディアが出るのかなと思いますが、毎回とても素敵なアイディアが出るのは解決と言う思考に自然となっていることと、30分の流れだろうなと思いました。長く話せばたくさんあると思いますが思考に適した時間で、達成感を今日も感じることができました。ありがとうございました
〇1事例目は、プラスのハッピーな方向に考えたり、頭に浮かんだりしている感覚があったのですが、2事例目は深く考え込んでしまってブレンストーミングではあなたのものが浮かんでこなかった時間が長かったと感じました。(自分の中の思考が)でも他の人が出したのを聞くうちに“こういう方法もある“と言う、また引き出しが増えました。ありがとうございました。今日、1番嬉しかったのは、今年のあと2回やる(今日が最後と思っていたので)ということと、来年度もこのTILAの研修会があると言うことを聞けたことです。よろしくお願いします。
〇「何も起こらない」ことを起こす、という逆説的なゴールにはっとして、2ケースを通じて自分の発想の乏しさを揺さぶっていただきワクワクするような時間でした。ヒントは日常の様々なところにあるのだと感じる近視眼的な課題からはあげたいなぁと痛感しました。

〇事例提供をさせていただき、具体的な解決策をいただけて、大変勉強になりましたし、明るい気分にさせていただきました。当事者でないから見えてくるものがあることを実感しました。実際には関わっている人上でケース会議を行おうとするのですが、多くの視点でケース買いを行う方が、職場の雰囲気作りもありそうなのでそのような形作りをしていきたいと思います。

〇今日のゴールをみんなで考えると言う経験ができて、頭の中でどうすれば今より1歩の解決志向になれるのかということが少し見えてきたように思います。こうなって欲しいと言う思いが強い時ほど、今より1歩の具体策が見えなくなりがちですが、いろいろな意見をすり合わせていく中で舞台の姿が見えてくるのだなと実感しました。ありがとうございました
〇今回が初参加で初めてブリーフ・ミーティングをしました。私は大学生で、学校などの授業サポーターとして入る際、立場的にクラスでトラブルがあっても、家庭の背景や交友関係、学校での指導方針を知らないと言うこともあり、ただ苦しんだり悩んだりすることがあるのですが、今回の事例報告で現場の先生の生の声が聞け、勉強になるとともに安心しました。また、私自身引き出しが少ないこともあり、具体的な事例に対する採決思考をすることが大変勉強になりました。ありがとうございました。

〇初めて参加させていただきましたが、とても有意義で楽しい時間でした。学生のみで参加させていただきましたが、現場のリアルな声やそれに対するアドバイスなどが聞けて非常に勉強になりました。ゴールを決めてから解決のためのブレインストーミングを行うことに納得しましたしなるほどと思いました。また参加したいと感じました。ありがとうございました。

〇所属も違う、事例に出てくる児童生徒を実際に見たこともない、ここの参加者がゴールに向かって解決志向で明るい展望を目指して、考えたことを自由に話し合うことで、スタートと終了の空気も明るくなっていると感じた。自分の思考も前向きな方向に進んでいると感じた。すごいミーティングを実感できました。また参加したいです。(ハマリました)
〇ブリーフ・ミーティングがうまくいかないとき今日のゴールメンテナンスをしっかり具体的にかけている。
リソース探しとしての質問がたくさん出てきてこそ解決策も出てくる。上記の2つが印象に残っています今回も大変勉強になりました。有り難うございました。
〇未来志向というのが学校現場だけでなく、一定生活にも応用できると思った。自分が苦しい時に原因ばかりを探して次は同じことをしないようにしようと言う消極的な発想ではなくて、どうしたらうまくいくのかうまくいくのかと言う発想に少しずつでも変わって行けたらなと思った。子供たちの模範である教員がそのようにある方が良い影響を与えるのではないかと考えたため、性格を少しずつ変わっていければと感じた。

〇高校の事例を初めて聞きました。私は中学校ですが、あの後私でも使える方法を紹介していただいたと思っています。シール、やってみます。事例提供者でした。本人、保護者、クラスの他の生徒への対応に悩んでいました。ゴールが見えず、何を目指していいかわからずにいたので、今日、ゴールを出していただけたこと、そのための手立てを提示してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。
〇初めて参加させていただきました。以前、〇〇中でレクチャーを受けたことがあったので、イメージがありましたが、いろいろな年齢、立場の方とご一緒して、意見をお聞きすることができてとても刺激を受けました。ぜひ職場でも取り入れてみたいと思いました。ありがとうございました。◇授業づくり(構成する)や生徒の特性を捉え効果的な支援を行う方法等について研修してみたいと思いました。◇不思議の種作りに苦戦しています。また次回参加したいです。
◇ありがとうございました。とても勉強になりました。また受けたいです。
◇学級内で使えるエンカウンター(体験も含む)
◇子供と共にワクワクできるような事業展開について。へこたれそうなケースのどこに目を向け道後いていくのかなどを学びたいです。
◇今回のような様々な声を聞けるものに参加したいです。久しぶりに参加させていただきました。ちょっと職場で課題が多くなってどうしようかと思っていたところですが、今日解決思考の気持ちになりました。何かできそうだと元気になりました。ありがとうございました。
◇子供も大人もつなげる、仲良くなれる職場になるためにどういう方法があるのか?知りたいです。全員の子供たちのために楽しい学校を作る事は大人も変わらなければと思います。 ◇今後も学級経営や授業について学んでいきたいと思います。
◇カタリストとして、うまく進行していくためにはどのようにしたら良いのか知りたいです。

コメントを残す