「問いを創る授業」の研究員を募集します!

☆「問い創り授業」研究員 募集のお知らせ

 このたび、TILA研究所の鹿嶋真弓・石黒康夫の共編著で図書文化社より、『問いを創る授業』を出版いたしました。この本は、TILA教育研究所において、「子どもの言葉で問いを創る授業」として研修会を行ってきたものを書籍としてまとめたものです。研修に参加されて、授業実践をしていただいた先生方の実践事例も紹介させていただいております。

 TILA教育研究所では、この本の出版を機に、「問いを創る授業」を全国に発信し、普及していきたいと考えております。

 つきましては、「問いを創る授業」の研究員を全国から募集いたします。TILA教育研究所の設立趣旨や「問いを創る授業」の趣旨に賛同し、この授業方法をさらに研究、実践していきたいと思われる方は、TILA教育研究所の研究員として活動してみませんか。

 各地区で、研究員や研修希望者が集まれば、地区ごとに「問いを創る授業」の研究会を立ち上げ、活動していきたいと考えております。また、その研究会を中心にして、各地区で「問いを創る授業」の研修会も実施していこうと考えております。

◆研究員の応募資格・役割は以下の通りです。

※応募資格(下記の①②を満たす方)

①現に教育現場(校種を問わず)または、教育行政職にいる方、

あるいは、将来、教職に就くことを強く希望する大学生または大学院生

②TILA教育研究所の設立趣旨、「問いを創る授業」の趣旨を理解し、この授業方法を

さらに研究、実践しようと思われる方

※研究員の役割

①研究員は、「問いを創る授業」の研究と実践を行うとともに、自校(自地区)における、「問いを創る授業」の推進役となる。また、研究会の立ち上げ運営に協力する。

②研究員は、各地で行われる「問いを創る授業」の研修会の運営に協力する。

③研究員は、「問いを創る授業」の研修会でリーダー役を務める。

④研究員は、実践事例発表会の運営に協力する。

⑤研究員は、実践事例の発表に努める。

⑥研究員は、実践事例集の執筆候補者となる。

 以上の内容にご賛同いただき、研究員として応募することを希望される方は、下記の研究員応募フォームからお申し込みください。


TILA教育研究所 問いを創る授業 研究員応募フォーム


TILA教育研究所 http://tila.main.jp/