Web上 シェアリング 10月11日ホワイトボード会議

※今回の研修について、ご意見や感想をおきかせください。

〇参加してよかったです。勉強になりました。「具体的なものを出す」ということの有効性を強く感じました。職場でもホワイトボード会議が定着するようにするにはどうしたらいいだろうと考えています。

〇一人で考える、あるいは当事者が考えるのでは、絶対思いつかないようなアイデアが生まれてきて、とても明るい気分になりました。解決に向かう空気を作り出すのが大切だと痛感しました。

〇解決志向アプローチでは、コンプリメントが大事です。ホワイトボード会議でのコンプリメントはどの様にお考えでしょうか?ちょっと疑問に思いました。

〇スモールステップで、これならやってみることができると思えるゴール設定をするために、事例提供者のお話を聞きながら具体的に考えていくことの大切さを改めて感じました。ゴールが具体的になっていればいるほど、ブレーンストーミングがたくさん思いつくことを実感できました。今日もありがとうございました。

〇毎回来たいと思いながら、久しいぶりの参加となりました。この会にでると、自分が思いつかなかった取組に出会えるので、「これは、あのことの関わりで使えるかも…」と思うとワクワクしてきます。ありがとうございました。

〇”解決志向”に対して、とても深まりました。人が生きていくためにとても大切なことですね。久しぶりに来て、とても勉強になり楽しかったです。ありがとうございました。

〇ありがとうございました。事例提供者の情報が多ければ多いほど、たくさんリソースが出てくると思いました。そのリソースを出すことで、事例提供者も気付きがあり、たった30分の事例ですが、協もたくさんのヒントが(私たちにとっても)出てきて、また引き出しが増えたように思います。

〇今日は、事例が2つもあり、内容も濃い研修となったと思います。やはり、質問・リソース探しの中で、どんどん事例提供者から情報を引き出していくとおどろき、発見があり、それがブレーンストーミングにつながっていくのだと再確認しました。また、事例提供者がその本人とどれだけ深く関わっているかでも、ブレーンストーミングが大きく違ってくると思いました。

〇初めて事例提供者としてWB会議に参加させていただきました。短時間でたくさんの解決のための手立てが出ることに大きな魅力を感じました。終わってみると心が軽くなり、前向きに明日からその子と関わっていこうという希望の持てるような内容だったなと感じました。2回目以降のやり方も知ることができてよかったです。ありがとうございました。

〇今日はカタリストを体験させていただいて、この30分会議の良さを実感することができました。職場でも少しずつ広めて生きたいと思いました。

〇鹿嶋先生のカタリストとは本当に勉強になるなぁと思います。いつも吉本先生に頼りっぱなしなので、私も積極的にカタリストをしようと、この会に来させてもらおうと思いまぱなしなので、私も積極的にカタリストをしようと、この会に来させてもらおうと思いました。来年もこの会をお二人でぜひやってください。よろしくお願いします。

※今後どのような研修を受けてみたいですか。ご要望をお聞かせください。

◇解決志向そのものの原理

◇問いを創る授業

◇”問いを創る授業”についての研修が1度だけなので、もう少し自分のものになるよう勉強したいです。次回もよろしくお願いします。

◇大人(教育者)の発達障害について、とても気になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA