Web上 シェアリング 9月ホワイトボード会議研修の感想

9月28日 解決志向のホワイトボード会議 研修会 感想

〇二回目の参加となります。一回目よりも自由な発想でブレインストーミングができたのでなめるというのは大事だなと思いました。

〇いつも支援会を開いてもあまり前進しない。良い方向に向かっていないと思うことが多くあります。たくさんの子どもたちにチームとして目を向けられるよう、是非解決志向の思考を作っていかなければならないと思いました。とても勉強させていただきました。

ありがとうございました。

〇ゴールの設定は人によっても違うと、何を決定するか(チョイス)も違うのが面白いと思いました。きっとゴールの設定は無限にあるし、実は何でも良くて小さな変化はどこから起こってもいいんだ!!と思いました。自分の大したことないアイデアでもしっかりホワイトボードに書きとめられる体験が、参加する人の意識も有用感も高められていくと感じました。

〇今日はありがとうございました。ゴールに対して何を…と考えて行くことが、楽しいと言うと変ですが、わくわくしてきます。答えが出なくてもどんどん他の人の意見を聞けると、「あぁ、それもある」と引き出しが増えていく気がします。できるだけ参加したいと思います。ただ頭が固いことを毎回実感するので、自由に発想できるようになりたいです。

〇ありがとうございました。いろんな役割、立場の方から柔軟なアイデア。とても勉強になりました。

〇皆さんのブレイン・ストーミングを聞かせていただいていて、自分のケースでどうしようかな?と思っていたことに対しての解決策が見つかりました。対応の仕方の引き出しが、増えてとても受けしいです。丁寧ポイントを話してくださり、分かりやすかったです。ありがとうございました。

〇ホワイトボード会議と言うのは初めてでしたが、子どもの課題について、能動的かつ創造的に検討できるのが、おもしろいなと思いました。話した後に明るくなるのが、先生たちのエンパワーメントにもいいのだなと感じました。学校に上手に導入していけるように手伝えたらと私も、プラスの気持ちをいただきました。ありがとうございました。

〇ホワイトボード会議、初めて会をすすめましたが、やはり実際やらないと進め具合が分からないなと思いました。繰り返しやることでコツがツカメテくるのだろうと思いますが、ゴールを何にするか、具体的なゴール提示がポイントだと思いました。終了後、ゴールをこうすればよかったなと思うこともあるのかなと思いました。やっている時は、進めることで必死になってしまいますね。

〇事例提案を初めてしました。どのようにゴールがすすむか、霧の中にいた状態から、次の進み方が沢山のブレインストーミングよりいただけました。やってみて良かったです。いくつも欲張ってしまわずに、一番気になるところ、解決の近道をホワイトボードで考えることがいいと思います。学校でやってみたいです。経験回数を増やして、たくさん考えられるように柔軟な考えができるようになりたいです。

〇今まで担任してきた中で、リストカットをしたり、一日中寝ている生徒と言うのにはであって来なかったので、疑似体験をしているような気持ちで聞きました。事例について、目の前で話が聞けて、また、質問もできて、教育書も読むのですが、また違った勉強ができたように思います。

〇解決のためのブレインストーミングを考えるうえで、原因ではなく解決の方に考え方を切り替えることができました。ブレインストーミングの質問の中で、自分では気が付かなかった視点を提供していただきとても勉強になりました。

〇事例を出させてもらい、本当に解決したようで参加をしてよかったです。たくさんのこれやってみたら?ということが出たので参考にしたいです。今日決めたことは、明日早速、担任の先生とも相談したいと思います。ありがとうございました。

今後どのような研修を受けてみたいと思いますか。

◇「子どもの言葉で問いを創る授業」にチャレンジ(まね)をしてみましたが収集が付かずに終わってしまいました。出た問いは全て拾いたい!と欲張り過ぎたのかなと思っています。また、テクニックも教えてもらいたいです。

◇本人へのアプローチ以外の周囲の人の(母、担任など)の関わり方を知りたいです。

◇いま提案して下さっている研修を続けて深めていきたいです。

◇まだ二回目ですのでもっとホワイトボード会議のやり方を学びたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA