Web上シェアリング番外編 12月26日実施 「高知県心の教育センター学級づくりパワーアップ講座」

Web上シェアリング番外編 TILA教育研究所の研修ではありませんが、石黒が講師としてお招きいただいた、12月26日高知県心の教育センター実施の『学級づくりパワーアップ講座』に参加された方の感想の一部をお送りいただいたので、シェアさせていただきます。

〇大変わかりやすく、ストンと落ちる内容のお話でした。子どもたちが適切な行動がとれるよう、具体的な指示、声がけを意識することの大切さを改めて感じました。できてないことがたくさんあったので、三学期から頑張りたいです。学校・学年団でも共有して取り組みます。

〇『認める』という考え方で子どもの行動についてフィードバックしていくのはとても良い考え方だと実感しました。強化の好子と嫌子もやりすぎると効果がなくなることも日々実感しているだけにとても参考になりました。

〇『認める指導』と『叱る・褒める指導』は異なるものであり、生徒の存在自体を認めることに気づくことができました。演習では生徒目線になって取り組むことができ、自分がうれしいと感じたときは生徒もうれしいのだと思いました。また、教師同士、教師と生徒の共有が大切であり、具体的な行動を指示することで生徒は行動できることを知りました。三学期からの教育実践に生かしていきたいです。今日はありがとうございました。

〇普段は養護教諭として学級担任の先生方のご苦労を見ており、自分にはどんなことができるだろうと日々考えていました。本日の研修を生かして、子どもたちはもちろん、先生方も認められる関わりをしていきたいと感じました。

参加いただいた皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA