Web 上 シェアリング(設立記念講演会)

設立記念講演会に参加された皆さんの感想をシェアいたします。

(なお、参加者の皆様には講演会にてご了承をいただいております。参加された皆様に感謝申し上げます。)

【参加された方々の感想】

○教師間で課題・解決を共有することが、一貫性のある学校づくりにつながっていくことがわかりました。”チーム学校”として、また、”地域に開かれた学校”の中で全員が一緒になって子どもたちを育てていく大切さを改めて感じました。

○時間が過ぎるのが早く感じた研修で、様々なことを学ぶことがてきました。情報を共有していくことや協働体制をつくっていくこと、子どもと共により良い学校を築いていくことの重要性や手法を知ることができました。ありがとうございました。

○素晴らしい情報共有、課題創出・解決型のワークでした。ぜひ、現場に持ち帰りたいですが、TILAによるワークショップを早い段階でやっていただきたいと思います。

○校内の現状の良い点も課題となる点も出し合い、ゴールイメージを共有し、取り組みを考えて行くことが年度当初にはやりたいと思いました。今回の様にワークショップで自分の意見を出し合うことでチームビルディングにつなげていくことが、主体性につながっていくのだと確信しました。これまでの自分の実践や今の生徒や教員との関わりを客観的に振り返ることのできた研修となりました。ありがとうございました。

○石黒式のスクールワイドPBSに大変興味を持ちました。演習も楽しく参加させていただきました。もっと時間があればと思いました。ありがとうございました。

○本日はSWPBSの基本的な考え方について講演をいただく中で書籍から学んだことを改めて振り返ることができました。また、演習を通して、漠然と認識している課題を多角的な視点からあげ、共有し、課題解決した時の姿をイメージすることの大切さを大観させていただきました。

○ワークで問題点を共有しているときは大変な学校だと落ち込む気持ちでしたが、解決像の共有ということに話が移った途端、パーッと楽しい気持ちになり、どこからやろう、なにからやろうとわくわくしました。この体験ができたこと、自分にとって大きかったです。

○今日の演習で改めて教職員間での現状に対する看取りや解決像を示し、ゴールイメージと育てたい力を共有(分析)する場の設定が学校に必要だと感じた。また、指導の基準化の明確化、文言化をさせ、指導レベルを学校全体で合わせていくことで生徒も教師も納得できる指導になっていくと思う。

○設立おめでとうございます。高知から全国へ、これから様々な情報を発信されてください。でも高知の学校もお忘れなく。

○教師を目指しているので、少しでも自分の中の目指したい教師像が明確になればいいなと思い参加させていただきました。教師も人間なので、やはり教育することには、必ずすべて愛が必要なのだということが改めてわかりました。教師同士の人間関係を作ることの大切さや生徒同士の関係の大切さなどがわかりました。参加させていただいたことで、とても良い経験になりました。ありがとうございました。

○素敵な講演、演習をありがとうございました。スタッフのみなさんご苦労様でした。現場で実践していきたいと強く感じました。

○すごく参考になりました。ありがとうございました。

○石黒先生のスクールワイドPBSの演習に参加させていただいたのは今回で二度目でしたが、改めて「チームビルディング」ということを体験できました。仮定の話であってもそれぞれの視点で意見を出し合い、最終的には一体感が生まれるということを実感し、実際の事例であればより一層チーム力の向上につながると思いました。本日はありがとうございました。

○保育から中学校までの一貫した体制づくりが大切だろうなとしみじみ思いました。現在保育士で働いていますが、共通ルールはなく、先生によってルールが違い、子どもたちにとっては居心地が悪いだろうなと考えていました。先生たちの連帯感、コミュニケーション、目標の明確化が大事で、ぜひそれが整った環境ができるようにと思います。

○『よいところに注目して、よいところを伸ばす』アドラー心理学を長年学んでいると、石黒先生のお話しされた言葉が一つ一つ心に響いてきました。不適切な行動の中にも適切な行動はあってそこを認めて良さを伸ばすこと、そのことこそ全力で心を傾けるべきだと思いました。週に一度クラス会議をして子どもたちと話し合って決めていますが「自我関与」の場になっているのだとうれしく思いました。これからももっと学び、子どもとともに成長したいです。

○望ましい行動に意識を向ける習慣を身につけていこうと思いました。

○鹿嶋先生にご案内いただいてから今日を楽しみにしておりました。期待を上回る半日で、午後もお願いしたいとと思っているくらいです。本当にありがとうございました。石黒先生のお話は、マネジメントの勉強を少しかじった私の枠組みにスポッと落ち着くものでした。そして生徒との関わりや組織作りに関する言葉の整理の仕方や表怪訝にたくさん出会わせていただきました。

○大変実りの多い時間でした。自主的に研修に参加される先生が、こんなにたくさんいることが嬉しかったです。しかし、この様な研修を一番必要としている現場の先生、特に大変な学校に勤務されている先生方が、部活動でなかなか参加されていないのが残念です。鹿嶋先生が最初におっしゃった、教師は研修をし続けなければいけないは最近よく感じている。学び続ける教員でありたいと思いました。

○大変学びの多い研修でした。研修もそうですが、シェアリングでも学ぶことが多くありました。PBSは組織マネジメントの手法と共通する部分もあると感じました。学級づくりも教職員の組織作りも同じであると思います。今後もPBSの手法を学び、学校の組織作り、学級づくりにも生かしていきたいと思います。

○学ぶ場を作っていただきありがとうございました。石黒先生や鹿嶋先生のお話をきける機会がもてることも嬉しいです。演習では、全員で共有することの大切さを実感することができました。演習の流れがいいと思いました。(ゴールイメージをもって指導の基準を創る)やっていて楽しくなりました。校内でもやってみたいです。

○今日行った演習や理論を○○市の先生方と共有したいと実感しました。特に「ダブルスタンダードが荒れを招く」、「指導の基準をつくる」、「現状から考える」等…。ありがとうございました。また、グループ演習を行ったおかげで人の輪が広がりとても刺激を受けました。

○今日参加してとてもよかったです。いろいろな種別の方々のグループでたいへん刺激を受けました。(前の方に座って正解でした。)後半の演習はすごく現場で生かすことのできる内容で、必ず現場でやってみます。50歳を超えてしまいましたが学び続けること、人とつながることを大切に取り組みます。

○様々な立場の方が参加して、一緒に活動できた今回の研修は「多様性」の大切さを再認識する機会となりました。子どもたちのために「使えるものは何でも活用する」という熱意を私自身も持ち続けていこうと思いました。

○一般の保護者の立場での参加です。新聞を読んだとき、おもしろい!!と思ったので勉強しに来ましたが、とても楽しかったです!自分の子どものことを思い浮かべたり、これから先の教育や、人間がどんな風に変わっていくのかも楽しみになりました。これからも勉強し続けて、すべての資源を活用していこうと思います。

○勉強になりました。やはり、教員もチームになり、子どもたちに対してチーム支援をしていくこと、同じベクトルをもって育成にかかわることの大切さが学べ、学級集団づくりのヒントをいただきました。学年のみではなく、学校全体に広げるためには、もっと教師間のコミュニケーションが必要で、それは普段から作っていくことであり、その姿を子どもが見て学べることも多いと思う。やっていきます。「動けば、変わる」本日はありがとうございました。

○「変容」が起こること、が授業や研修のねらうところであるとすれば、今日の講演会、演習はまさしく、自分の中で新たな学びや意欲の生まれる、自分自身さらに変えてやっていこうとする内容でした。特に、日々、生徒の行動や授業に悩んでいる先生がだが多い中、チームビルディング、皆で課題を共有してゴールに向かって手立てを考えていくシステムの必要性と具体、大変参考になりました。ありがとうございました。

○幅広い参加の方から多面的な意見をもらえるという非常に価値のある研修でした。ヒューマンネットワークを広げていく重要性をますます感じました。志高いメンバーがこうして集まり、高知の教育を語れるこの会、もっとさらに広まり多くの参加者で活動が広がることを期待するとともに今後もこの会で学ばせていただきたいと思います。

○概論のような形での研修であったので、逆に今後もっと深めたい内容や、研修していくべきことができそうです。高知の地にTILA教育研究所ができたことを大変嬉しく誇りに思います。

○学校組織を活かして、いかに生徒を支援していくのかという課題意識があり、今回の研修会に参加させていただきました。石黒式のスクールワイドPBSを学び自分の価値観が大きく変わるのを感じました。適切な行動に注目して適切な行動を増やしていくという考え方。認める指導を推進すること。学校として一貫性のある指導体制、指導のスタンダードを共有すること、教師も子どもも自我関与する仕組みを作ること、そして子どもを信じること、とてもいい学びになりました。教師の技量向上するために地域の学校を援助していくためにというTILA教育研究所設立の動機も素晴らしいものです。これからも高知の教育のめ、日本の教育の底上げのためによろしくお願いします。ありがとうございました。

○生徒たちについて、先生間について、あれこれ思うことはあっても、なかなか口にして話し合う機会を設けることは難しいとは思ったが、今回の活動、簡単な作業なのに奥が深く、様々な方向からの意見を取り入れ、一つの目標をみんなで話し合って決めることができ、一体感を持つことの安心感や心強さを感じるいい研修になったように思う。ありがとうございました。

○改めて「子どもの良いところ」など4つの視点が新鮮でした。指導の基準の大切さも痛感しました。ヒューマンネットワーク本気に大事だと思いました。ありがとうございました。

○教育学部の学生の者です。現場の先生方との活動というのは非常に刺激的で、またこういった場に参加したいと思うようになりました。今回は「認める」という言葉に惹かれて参加させていただきました。(ほめるのではなく)認められた子は、認めてくれた人(先生)に反抗的な態度をとりにくいことについてもお話しいただくことができ大変勉強になりました。

○今回参加して本当に良かったです。私は今、大学生で、普段は学生と接することがほとんどですが、今日なかなか接することのできないような教員や研究所などの大人の方とたくさん接した。その中で様々な意見を聞くことができて、すごくいい経験になりました。学校で起こっている問題などを文字に起こすことは、すごく重要だと感じました。また、子どもたちのことについての話をしている中で、教員同士の中もすごく深まり、お互いの考えもしっかり理解できるなーと感じました。教員同士の中を深めることや考えを理解することを目的に何かをしてしまうと、自分の意見を言いにくくなってしまったりすると思うが、そうではなくて、子どもたちのことを考え、意見を言い合うことが自然と自分の率直な意見が出たりするので、お互いのことをしっかり理解できることに繋がると思いました。今日のこの経験を必ず教員になって活かします。

○今日は、本当にありがとうございました。あっという間の3時間でした。講演の内容については、前にも聞かせていただいたことがあったところもあったからこそ、また新たな理解につながったように思います。今日参加させていただいて、ワクワクしながらの3時間でした。また、学生さんや日頃聞けない方の話も聞くことができて、広い意味での仲間…という感覚を持つことができました。次回も楽しみです。午後とも学び続けていきたいと思いました。

○今日はありがとうございました。日頃は研修を主催する側なので、今日はゆっくり話を聞いたり研修に取り組むことができて良かったです。シェアリングで様々な方の意見は面白かったです。特に私たちは日頃、案外狭い範囲の方しか交流がないように思いますので、教職の立場でない片野意見は貴重だと感じました。

○TILA教育研究所 設立記念講演会に参加させていただき、大変勉強になりました。鹿嶋先生の「設立の思い」が伝わってきました。設立おめでとうございます。石黒先生の「スクールワイドPBS」短い時間とのことでしたが大変わかりやすかったです。特に教員間での指導の基準作りが大切ということ、包括的なルールにしておき、生徒たちに考えてもらうという点が素晴らしいと思いました。鹿嶋先生・石黒先生のチームワークだ良いことが伝わってきました。

○貴重な講演に参加できて嬉しいです。生徒の望ましい行動に着目することから始めていこうと思います。実践も大変参考になりました。さっそく職場でやってみようと思います。

○勉強になりました。…やっぱり勉強していこうと思いました。ありがとうございました。一日をかけてもよかったかなと思うのは私だけではないと思います。次回も参加したいです。

○学校で起きている様々なこと(大変さを感じる子どもの行動)のひとつひとつの対応に追われ、後手に回っているのではなく共通した根っこになる解決した未来像をみんなで共有する方法の具体を体験することができとても勉強になりました。様々な考えを持つ者同士、互いの考え方を知りながらスタンダードを作っていくという作業を通し、職員間の関係づくりもできるし、一つのことでいくつもいいことがある方法だと思いました。

○石黒先生もおっしゃっていたようにPBSの内容は目新しいものではないのだと実感できて勇気をいただきました。PBSは”教師”個々の力を信じて”教師のつながり方”を示唆してくれていると、私は受け取りました。先生たちが、もっとつながって行けるかもしれないと、心から思える3時間でした。これからPBSを学んでいきたいです。高知は遠いですけれど来ただけの価値のある学びでした。ありがとうござしました。

○良いところに注目してそれを増やすといった方法を普段の子どもたちとの関わりから実践していきたいと思いました。

○実り多い研修でした。鹿嶋先生、石黒先生のお話はより現場に、より教師に、子どもに寄り添った言葉なので、すぐにでも実践したくなりました。現場にもどり、何とか取組ができればと思います。具体的なお話をありがとうございました。

○具体的な課題の共有から解決策、そしてそれを一つの基準、スタンダード化していくことは、されているようでされていないことなんだなと感じた。出てくる問題の原因は、問題同士が複雑に絡み合っている感じ、その分、原因も複雑で所在が分かりにくいと思うが、見える化していくことで、具体的な策が見えてくるなと気づいた。

○大変実り多い、得ることばかりの研修でした。石黒先生のお話は初めてではありませんが、より具体的に自分自身の頭に落ちました。主体的な子ども(自己指導能力が高められた子ども)を育むには、教師自身が主体的に学び、ヒューマンネットワークを広げ深めることだとも改めて気づきました。情報共有の大切さとともに、それを教育で共通理解することの難しさを日々の現場で感じているのですが、その手立て取組の道をつくること、具体的なスタンダードをつくることだと感じました。次が楽しみです。

○学校が荒れれば荒れるほど何をどうしたらよいのか分からなくなります。そうなると教師の間もギクシャクなり最悪状態に…。しかし、今日の様に課題をだし一緒にゴールイメージを考える中で解決のスタートが見え、そして何より教員間でつながりが持てるようになると思いました。学校が荒れたときほど教師が力を合わせられるような取組を学んだように思います。

○大変有意義な時間をありがとうございました。石黒先生のお話は大変分かりやすく、今後も学校組織の人間として大切にしていかなければならない礎をいただいたような気がします。グループ協議も、こういう問題行動がたくさん発生している学校であれば、先生方の困り感も相当なものでしょうし、疲弊も激しいと思います。多面的に子どもを見て、それぞれの意見を共有し、一つの方向を見出すことで先生方にも勇気が湧いてくるのではないでしょうか。大変勉強になりました。

○困っている学校、子どもたちを目の前にして、さて、どこから手を付けていくのかと悩んでいました。石黒先生のお話を聞き、その道筋が少し見えてきました。私も勉強して、解決に動きたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA