予告 スクールワイドPBS 活用実践コース

【日 時】 平成29年2月上旬

【場 所】 未定

【内 容】「スクールワイドPBSを学校に導入する際の考え方の講義とその演習」

【身に付くことが期待される力】

自校にスクールワイドPBSを導入する際にキーパーソンとして活躍できる。

【参加資格】

教員及び教育委員会指導主事、教育関連を専攻する大学院生のうち

・TILA教育研究所「設立記念講演会」を受講された方

・高知県教育カウンセラー協会「平成27年度教育カウンセラー養成講座」を受講された方

・『参画型マネジメントで生徒指導が変わる』を読まれて自学された方

※参加するにあたり、同じ学校(同じ教育委員会)の先生のグループで参加していただくことを

お勧めします。

→ グループ参加を推奨する理由

実際に自分の学校の課題を取り上げて導入に向けて研修することができます。

志を同じくする仲間、共通言語で語り合える仲間が3人いると導入しやすくなります。

【講義と演習内容】

スクールワイドPBS導入のキーパーソンとして構想をつくる「準備の段階」を中心に

講義と演習を行います。

・課題の共有と解決像の共有による「指導の基準」づくり

・問題行動の指導のスタンダードづくり

・プロジェクトチームの編成や学校での検討プロセスなど

上記の内容について、演習として自校の課題をグループで検討していきます。

さらに詳細が決まりしだい、HPでご案内いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA